2011年末、こんな記事がありました。

35歳過ぎると結婚はほぼ不可能 できたのは「男性で3% 女性で2%」
2011/12/30
「35歳過ぎて結婚できた男性はわずか3%」。2010年の国勢調査でこんな衝撃的な結果が出た。ネット上では「身を持って感じている俺…」「昔ほど結婚生活にメリットがなくなっているんだから当然」など、さまざまな意見が飛び交っているが、なぜこうも「結婚できない(しない)大人」が増えてしまったのか。
「みんな自分の相場が分かっていない」
 2010年の国勢調査によると、2005年に35~39歳だった男性の未婚率は30・9%、5年後、40~44歳になったときの未婚率は27・9%で、未婚男性の9・7%しか結婚に至らなかった。5年間で「3%」でしかないということになる。
 女性も同様で、05年に35~39歳だった人の5年後の結婚率は、未婚女性の10・8%、2%しかゴールインできなかった計算だ。40歳を超えると、状況はますます悪化する。男性は全体の0・4%、女性は0・5%で、45歳以上では、男女とも全体の0・1%しか配偶者を見つけられなかった。晩婚化というより、35歳を過ぎてからの結婚は、男女ともに不可能に近いことが分かる。
http://www.j-cast.com/2011/12/30117585.html?p=all

一昨年以来「婚活」ブームが続いていて、熟年のお見合いパーティなども以前から話題となっておりましたので、おやっ? っと思いました。
確かに将来設計を描きにくい時代ですので、躊躇する向きもあるかと思いますが、それにしても記事に出ている数字、低すぎませんか?
「婚活」という言葉ばかりが先走りして、地に足がついた「実」のある出会いが成されてないんじゃないか、そんな気がいたしました。

わたくしの20年来の友人で野島光晴さんとおっしゃる方がいるのですが、
その方から先日ブライダル関連のビジネスを新たに立ち上げたというお話をうかがい、内容的に素晴らしいのでぜひご紹介させていただきたいと思います。
もしあなたが真剣に生涯の伴侶を求め、結婚をしたいのなら、一度ご相談なさってみてはいかがでしょうか。

結婚アナリスト・パートナーマッチングアドバイザー 野島光晴
180

●Facebook https://www.facebook.com/mitsuharu.nojima

●プロフィール
大手出版情報会社 に20年間在籍し、主に広告営業、販促戦略、マーケティング、組織マネジメントを学び、他にもクーポンを使ったエリアビジネス戦略、組織運営等で多くのビジネス成果へ繋げる。
また、ローカルTV局と組んだ新たなクロスメディア商品開発や、大手広告代理店と連携して生んだコラボ企画、会員DBリソースを使ったCRM事業ビジネスモデル、大手コンビニエンスとのデジタルサイネージ事業等、新規事業のプランニングから実践運営まで、数多く経験したビジネスのプロ。
座右の銘は「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」

●パンフレット
panf-s4-nyuko_kanpu-w300
(クリックで拡大)